本別町歴史民俗資料館ブログ

企画展「7月15日本別空襲を伝える〜子どもの目から見た戦争〜」開催(〜8月31日)

当館では7月2日(火)より企画展「7月15日本別空襲を伝える〜子どもの目から見た戦争〜」を開催します。今回のサブタイトルは「子どもの目から見た戦争」。今から79年前の1945年7月15日に本別空襲を体験し、その記憶を現在語れる人のほとんどは、当時子どもでした。戦争に巻き込まれた子どもたちは、どのような生活をしており、何を感じていたのでしょうか。

本企画展は今年で26回目の開催。戦後80年を迎える前に今一度、貴重な資料や体験者の記憶を通して、戦争の悲惨さと触れ合い、現在の平和の尊さを感じていただければと思います。皆様のご来館を心よりお待ちしております。

企画展「7月15日本別空襲を伝える〜子どもの目から見た戦争〜」の告知ポスター

【PDF】企画展「7月15日本別空襲を伝える〜子どもの目から見た戦争〜」ポスター

 

開催概要

会  期 2024/7/2〜8/31

会  場 本別町歴史民俗資料館

開館時間 9:00〜16:00

休 館 日  月曜日、祝日 (7月15日は祝日ですが特別開館いたします。)

入 館 料  無 料

※通常、日曜日は休館日ですが、本事業の展示期間中は日曜日も開館いたします。

 

展示内容

▶︎本別の子どもと戦争

▶︎他の地域での子どもの戦争体験

写真1 戦争柄の長襦袢(ながじゅばん)
写真2 昭和時代における戦前から戦後にかけての遊び道具

 

お問合せ 本別町歴史民俗資料館 TEL0156-22-2141(内線410)

Honbetsu Town Museum of History and Folklore

他の記事

“自分らしい生きかたを
選択できる町”本別人へのインタビュー

地域との“つながり”を感じる町
ほんべつ町とは?

ほんべつ町を知る