ほっと本別

JOIN

移住情報

本別町に住む高齢な家族のもとへの移住

近年、急速に高齢化が進み、2016年で高齢化率は27.3%にも達しています(平成29年度版高齢社会白書(概要版)より)。高齢者の増加に伴って、介護の必要となる人が急増していていることで様々な問題が生じてきています。

田舎から上京してきた方の中には、両親が高齢になり介護の問題に直面している人も多いでしょう。本別町に戻って親のそばで支えてあげたいと考えている人に向けて、本別町の役立つ情報をご紹介いたします。

Q移住後の生活はどうすればいい?
A
・住む場所について
親の持ち家に一緒に住む場合には関係ないですが、住む場所については、本別町の公式ホームページ内の移住ガイドのページ内のリンクに進むと、とかち東北部移住サポートセンターによるすまい情報を見ることができます。家を購入・新築する場合には、土地代が安いものの、都会とかかる費用は同程度になります。

○とかち東北部移住サポートセンター○
とかち東北部3町(本別町・足寄町・陸別町)への移住等希望者からの相談受け付けや受け入れなど必要なサポートを行う。平成28年7月1日に開設。
TEL:0156-33-0001 
FAX:0156-22-3237
MAIL:saposen@town.honbetsu.hokkaido.jp

詳細は、本別町公式ホームページの「移住ガイド」のページをご覧ください。
https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/web/migration/index.html

・仕事について
また、仕事については、基本的にはお店を自分で開くか、もしくは、飲食、農業、医療・福祉サービス業、農協、建設業、公務員などです。残念ながら、インターネット上で求人を見つけることができないので、飲食・建設業では直接お店に聞きに行く必要があります。ただし、病院の職員や町営の介護施設なども含む公務員に関しては、十勝の公務員試験を受けたのち、本別町で面接を行う形になります。
公務員試験等の情報は、本別町公式ホームページの「平成30年度十勝管内町村職員採用試験概要案内」のページをご覧ください。
https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/web/news/details/30.html

・買い物について
車で日用品や食料品を購入しています。フクハラというスーパーを利用する人が多いです。インターネット通販等も利用でき、配送は翌日配送で問題なく行われていますが、本州発送の場合送料が高くなる可能性があります。ただし、Amazonの場合には特に問題はないです。

○フクハラ 本別店○
〒089-3314
中川郡本別町南1丁目2-25
TEL: 0156-22-2980
FAX: 0156-22-2998
営業時間: 10:00~21:00
URL:http://www.arcs-g.co.jp/group/fukuhara/shop/?id=151

Q本別町の介護の制度・施設に何がある?
A
本別町は北海道の中でも「福祉のまち」としての自負を持つほど、高齢者に優しい街です。実際に高齢者に対して、さまざまなサービスを自治体が行っています。2017年現在、養護老人ホームが1つ(定員45人)、特別養護老人ホームが1つ(定員50名)、老人福祉センターが1つあります。
また、介護認定がなくても利用できるサービスもたくさんあります。例えば、「はいかい高齢者SOSネットワーク」や「一時預かり・宿泊サービス」などの制度があります。

○はいかい高齢者SOSネットワーク○
認知症等によって高齢者がはいかいで行方不明になったとき、本別警察署への連絡で、協力機関を通じて捜査が行われ、スムーズな発見につながるという制度。
対象:本別町に居住し、はいかいにより所在不明になった方、及び認知症・障がい等によりはいかいで所在不明になる可能性のある人
料金:無料

○一時預かり・宿泊サービス○
農繁期や家族の冠婚葬祭、旅行などで介護者が不在になるときで、一時的に介護の代替が必要なときに利用できる。
利用対象:
・本別町に住所がある人
・要介護又は要支援状態等にある高齢者および自立と判定された人
・在宅において日常生活にサービスを必要とする人
介護場所:
・本別北「清流の里」
・勇足「ゆうあいの里」
・仙美里「ひだまりの里」
◇一時預かり
内容:介護・入浴・昼食
時間:午前8時~午後5時。年中無休
利用料金:
・特に介護を必要としない人:3,500円
・介護を要する人:4,500円
・時間延長:1時間につき300円
◇宿泊サービス
内容:介護・入浴・夕食や朝食
時間:午後5時~翌午前8時。年中無休
利用料金:
・特に介護を必要としない人:5,000円
・介護を要する人:6,000円
・時間延長:1時間につき500円

さらに詳しく知りたい方は、公式ホームページ内の「介護認定を受けなくても利用できるサービス」のページをご覧ください。
https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/web/welfare/welfare01_04.html

Q都会に比べて本別町で介護を受ける利点、何がある?
A
本別町での高齢者同士の交流があげられます。高齢者自身が長年住んでいた土地であるので、友人・知人も多くいるはずです。例えば、介護施設等に入居したときに、同世代の知り合いと共に過ごすことになるでしょう。
さらに、本別町のサービスとして、高齢者向けのイベントなども開催されているため、充実した老後の生活を享受できます。

○銀河サロン○
高齢者や障がい者のふれあいの場として、月に3回程度様々な行事が開催されている。
開催日:木曜日(月3回程度)
開催場所:アースホール
内容:健康ダンス、カラオケ、集い(昼食・体操)、季節の行事(花見・餅つき)
利用料金:健康ダンス、カラオケは無料。集い(昼食・体操)は食事代200円が必要

○通所型介護予防「元気いきいき教室」○
要支援・要介護状態への重度化を防ぐため、看護師や介護士の指導員が体調の確認をした後、軽体操やゲームを行う。
開催日:毎週火曜~金曜日の午後2時から午後4時
利用料金:1回300円
開催場所
火曜日:ふれあい交流館
水曜日:勇足生きがい館
木曜日:老人福祉センター
金曜日:仙美里地区公民館

さらに詳しく知りたい方は、公式ホームページ内の「介護認定を受けなくても利用できるサービス」のページをご覧ください。
https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/web/welfare/welfare01_04.html