ほっと本別

  • TOP
  • 町民インタビュー
  • 祖母の介護のために移住して来たけど、せっかくなので面白いことをやりたい!

祖母の介護のために移住して来たけど、せっかくなので面白いことをやりたい!

本別町でおしゃれなおやき屋さんを営んでいる尾崎さん。もともとは東京で大手企業で働いていて、祖母の介護のために本別に移住してきた方の生の声をきいてみました!

移住して来た時

もともとは東京で大手企業で働いていて、2年ほど働いた時に友人に誘われて帯広にカフェを一緒に出したんです。それで今から6年前に祖母が要介護になり介護をするために帯広のお店をたたんで26歳の時に本別に移住してきました。帯広にお店を開くときもそうでしたが、本別に移住することになっても全然不安はなかったですね。こっちに来てからも、例えば、昨日も帯広にお店を出していた時のお客さんが、帯広からお店に来てくれてて、そういったお客さんのサポートもあり、非常に楽しいですね。

悩み

仕事については全くないんです。ただ、若い女性がほとんど町にいなくて。そのせいで結婚ができない男性が多くいて町に活気がなくなってしまっているのかなと。なんとか若い女性が移住してくる環境を作って欲しいですね。

こんな企画をやってみたい

本別出身で、今本別以外の大学に通っている大学生が本別にお盆やお正月に帰って来る際に、大学の友達と一緒に帰ってきたら交通費を支給するとかそういう企画があれば本人は本別により深い愛情を持つし、友達は本別のことを知ってもらえるしで最高の企画な気がするんですよ。原資をどうするかはまだわからないですけど、クラウドファンディングなどを活用してみるのも良いかもしれませんね!

どんな人に本別にきてほしい?

やっぱり若い女の子ですね。女の子がいる町には人が集まりますし。でも若い女性はみんな都会にでていてほとんど町に残っていないんです。

おやきのお店 TOTTEの名物

(筆者談)おやきの店で食べるオムライスが絶品です!(もちろんおやきも美味しいのですが、筆者が一番好きなのはオムライスです)

店で取り扱う商品は十勝産に非常にこだわっていて、バターや卵などもすべて十勝産なんです。だから、素材がすごく良くて、美味しいんですよ。