北海道本別町へ行こう

  • TOP
  • 町民インタビュー
  • 【前半】ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)で本年度はなんと4名の若者が本別に移住!

【前半】ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)で本年度はなんと4名の若者が本別に移住!

毎年開催されるほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)で本年はなんと4名の若者が本別に移住してきました!何が本別に惹きつけるのか?なぜ移住を決めたのか?取材してきました。

左から順に五十嵐さん、橋本さん、工藤さん、大三島さん

後半の記事はこちら

ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)とは?

主に北海道内の介護福祉士養成校に通う学生が対象の体験型イベントです。見学や実習等の体験を通して、本別町内の介護事業所と本別町そのものの魅力を知ってもらうためのイベントとなっています。夏休み期間に開催し、2泊3日で3,000円(宿泊、食事込み)という非常に安い料金で本別町の観光施設めぐりや調理体験、介護サービス事業所職員との交流も行うことができます。2016年より開催しており、昨年は2回目でした。
また、昨年のイベントで4名の方が本別の介護サービス事業所で働くことを決め、今年の4月より本別に移住してきました。
ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)の問い合わせはこちら

なぜ参加しましたか?

大三島さん
札幌出身で札幌からきました。本別の介護サービス事業所で働いている同じ学校の卒業生の方に誘われたのですが、最初は本別町の場所もわからなかったので、半分旅行感覚で参加しましたがイベントの初日に直感的に非常に暖かい町だなと感じて参加してよかったと思いました。
工藤さん
登別出身ですが、僕も大三島さんと同じ学校にいまして、同じ卒業生に誘われて参加しました。先輩からは本別は人が暖かいからいい町だよと言われていて、楽しみにしていました。
五十嵐さん
美幌出身で北見の専門学校に通ってました。もともとは本別町を知らず、イベントに参加する予定ではなかったのですが、学校の友人に誘われて参加してみました。人が暖かい町で働きたいと思っていて、そういう町を探していました。
橋本さん
天塩出身で、大三島さん、工藤さんと同じ学校で同じ卒業生の先輩に誘われて参加しました。先輩からは生の声を聞いたのですが、非常に暖かそうな町だったので参加しました。

イベントではどんなところがよかったですか?

五十嵐さん
学校では実習は2年連続で特別養護老人ホームだったのですが、僕の希望は介護老人保健施設に実習に行きたかったんです。ほんべつ福祉セミナーでは、希望の実習先に行ことができて、介護老人保健施設で実習できたことが非常に嬉しかったです。
工藤さん
ずっと学校に入った頃からの目標だったのが「地域に根ざした介護を学びたい」ということでした。地域密着型の施設で実習する機会が学校ではなかったのですが、地域密着型の小規模多機能型事業所で実習でき、さらに実際に業務的ではなく家族のような関わりを体験でき、職員と職員の繋がりが大切だと感じることができて非常によかったです。
大三島さん
札幌では特別養護老人ホームでしか実習したことがなかったのですが、常々、自立支援の大切さや家庭での生活を支える役割が自分たちにはあるなと感じていて、それをこのイベントで実際に学べたことがよかったです。

本別町職員
ポイントとしては、このほんべつ福祉セミナーは、介護サービス事業者連絡会という町内の官民問わず全ての介護サービス事業所の集まりがあって、それぞれの各事業所から若手職員を実行委員としてだしてもらって運営しています。そういった横の繋がりも大事にしているので、今回のようなまちを上げてのイベントができるんですよ。

どこを来年に向けて改善が必要?

五十嵐さん
このイベントだけではなく、もっと気軽にいつでも実習に参加できるようになったりしないですか?
本別町職員
いつでも気軽に声をかけていただければどこでも実習できますよ。福祉セミナー以外の実習についても調整しますので、いつでも町に問い合わせてください。
工藤さん
町の観光と晩御飯の調理体験よりかは、どんなスーパーがあるのかとか、どこでお買い物するのか?みたいな実際に移住を見据えた体験ができるともっとよかったなと思いました。
本別町職員
本年はそういった企画を検討してみます!

まとめ

ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)の一番のメリットは、学校の実習カリキュラムでは体験できない事業所での実習を受けられるということとあわせて本別町の魅力も知ることができることにあります。都会ではなく本別で暖かい介護を体験してみたい方、ぜひご参加ください。
ほんべつ福祉セミナー(GO!GO!介護)の問い合わせはこちら

後半の記事はこちら